コンパの誘い文句みたいな。

 

Southern California(697miles=約1115km)が無事終了。砂漠地帯がようやく終わり、これから緑ゆたかなCentral Californiaに歩みを進めることになる。シエラネバダ山脈を歩くのである。水場も豊富にあるため、水に困ることもない。効果の見込めない雨乞いの必要もない。

 

このエリアで有名なのは、世界遺産でもあるヨセミテ国立公園を含むジョン・ミューア・トレイル(JMT)。

 

以前から、その名は耳にしていたので、少なからず興味はある。しかしだ。誰に聞いても、何を読んでも、絶賛の声ばかり。それがとても気になるのだ。しかも、“世界一美しい”とまで形容されるほどである。悪く言うつもりはないのだが、どうもうさんくさい印象を抱いてしまう。

 

「ひねくれた性格をしている」「素直じゃない」と思われるかもしれない。でも、考えてみてほしい。世界一高い山と言えば、誰に聞いてもエベレストとなる。それは絶対的な尺度があるからだ。じゃあ、世界一美しい山は?と聞かれたら、人それぞれ答えは異なるはず。そう、美しさというものは主観なのだ。絶対解は存在しないのである。

 

だから私は、自分の目で見るまで、あらゆる賛辞を信用しないことにしている。どのくらい信用していないかというと、『ネヅ、コンパに来ない?カワイイ子がくるんだけど』という誘い文句ぐらいである。

 

たいがい、“ありがちな罠につい引き込まれ、思いもよらないくやしい涙よ”となるのがオチである。多方面からの批判を事前に回避しておくが、決してカワイイ子がいないわけでも、私が面食いなわけでもない。カワイイも主観であり、それが顔かも、しぐさかも、声かも、リアクションかもしれない。何をカワイイと感じるかは、人それぞれなのである。

 

まあ、屁理屈はこのくらいにしておいて。百聞は一見に如かず。というわけで、Central Californiaに突入である。果たして、その景色を目の当たりにしてどんな印象を抱くのか。自分自身、楽しみである。と言っている時点で、なんだかんだ期待しちゃってるのかな、オレ。

 

すべての読み込んだ写真-144

 

※906.6mile(約1450km)地点の街、Mammoth Lakesより。砂漠地帯で、組み体操のサボテンをやるのを忘れて、ちょっとだけ落ち込んでいる根津。

コンパの誘い文句みたいな。” への11件のコメント

  1. コンパでしぐさや雰囲気で可愛いと思う事があるように、砂漠を抜けた後に観るその景色が美しいと感じるのでは…何事もマイナスから入るとプラスに転換される速度は早いけれど。

    サボテンしてる写真がなくて残念です(笑)
    …確実に誰か呼び止めないといけないので、コンパでいうKYな感じになりますね。

    • 人間、ギャップに弱いからね。

      そうそう、サボテンは日本人じゃないと理解してもらえなさそうだしね。なかなか難しいわけよ。。。

  2. 日本って自然がきれいな国なんだなぁってアメリカに来てつくづく思う近頃。小さい頃から慣れ親しんだ風景ってよく映るんでしょうか。ぶったまげる美に出会ったら、ぜひ教えてください。…って私もなんだかんだ期待してる口です。

  3. まあ、過去の傾向からネッチが面食いなのは間違いないと思うけれど、それはさておき、“世界一美しい”景色を目の当りにしたらぜひ共有しておくれよ。

    • あれ、そう?じゃ、そーゆーことで(笑)。

      ヨセミテ終了。ま、世界一かどうかはわかんないよー。
      詳しくは、次回のBlogで。

モリ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です