負けられない戦いがある。

 

ロンドンオリンピックが終わった。私の知らないあいだに。次の街でビール&オリンピックだ!と思っていたのに・・・。今回、運良く観ることができたのは、女子バレーの日韓戦と、陸上男子1600mリレー決勝のみ。たった二種目だけではあるが、特に後者はバハマの走りが素晴らしかった。見事な逆転劇。疲れと眠気を忘れてしまうほど、テンションが上がった。

幼少時代からスポーツに没頭していた自分にとって、オリンピック観戦は4年に一度の楽しみである。負けられない戦いが、そこにはある。真剣勝負の緊張感、緊迫感がたまらないのだ。私も学生時代、幾度となく味わった。まあ、オリンピックとは比べものにならないレベルではあるが。

いま歩いているPCT(パシフィック・クレスト・トレイル)にも、負けられない戦いとは言わずとも、正念場というか、踏んばりどころというか、そういう場面はたくさんある。重いバックパックを背負ってのロングハイクや、痛みをこらえての歩行、暑さ寒さ雨風との攻防、クマとの死闘などなど。

しかし、カリフォルニアがもうすぐ終わろうという地点で、ついにその時はきた。そう、オリンピックに勝るとも劣らない、根津タカヒサの “負けられない戦い” である。

この戦いは、すでに渡米前から決まっていた。ただ、4月末から3カ月以上にわたって異国の地を歩く中、その戦いのことが頭から離れていたのも事実である。不安はある。しかし、この真剣勝負を誰よりも楽しみにしていたのは、他ならぬ私である。やるしかないのだ。

戦いは、早朝にはじまった。

マウントポジションをとった根津が終始攻めつづけたものの、5パウンド(2.27kg)パンケーキの鉄壁のガードを崩すことはできず。完敗である。

※1726.6mile地点の街、Ashland(アシュランド)より。36歳にして、大食いのしんどさ、無理のきかなさを実感した根津。まわりのハイカーは、「ホットドッグ早食い選手権のコバヤシ(アクセントはヤのところ)も、お前と同じくらいの体格だ。You can do it!」などと言っていたが、そういうもんではないのである。

負けられない戦いがある。” への5件のコメント

  1. …駄目やん
    間をあけると確実に胃の中で膨らんじゃうので、大食いは休ます食べるが鉄則です(笑)

    トレイルは負けずにゴールしてくださいね

  2. 残り1時間半のスピード感、、、想像すると面白いですw
    動画たくさんUPして下さいね(*^^*)
    久し振りに根津さんの声聞くと安心するーw

mikin にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です