ヒッチハイク

私は、基本的に街におりるたびにブログを更新している。

そう、街におりるたびに。

 

おそらく、街まで歩いていると思っている人が多いのではないだろうか。実はそうではない。多くの街は、トレイルと一般道路が交差する地点から、10〜20mile(約16〜32km)ぐらい離れている。とてもじゃないが歩ける距離ではない(PCTのほうが歩ける距離じゃないだろ!というツッコミはさておき)。公共交通機関などはない。手段はひとつ、ヒッチハイクである。

 

私は、ヒッチハイク未経験者だ。できる自信もない。なぜなら、どこの馬の骨か分からない輩を乗せてくれる人など、そうそういるとは思っていないからだ。私がドライバーだったらどうだろうか?ハイカーが大人の男だとしたら、何かされそうでちょっと怖い。じゃあ、女性ならいいのかと言えば、停まったとたんにコワモテの男性が出てくるんじゃないかと勘ぐってしまう。なら、子どもなら安心かと思いきや、犯罪大国アメリカのガキをナメてかかるわけにはいかないのである

 

とりあえず、初回のヒッチハイク(5月初旬)は他のハイカーに便乗することに。苦労すると思っていたら、意外や意外、あっさりつかまるものである。毎年この時期はPCTハイカーが街に訪れるので、それを知っているドライバーも多いのだ。すっかり安心した私は、以来、自信満々に親指を立て、難なくヒッチハイクを成功させている。

 

もちろん、コツはある。ここで、超個人的PCTヒッチハイク三種の神器を紹介したい。

 

まず、一つ目。

最後に読み込んだ写真-1

 

これは定番である。ハイカーであることを分かってもらうためには、必須のアイテム。現地の人いわく、“バックパックなし&ヒゲを生やしている”人は、ホームレスとしか思われないとのこと。

 

つぎに、二つ目。

最後に読み込んだ写真-2

 

キックオフパーティーで、PCTハイカーに無料で配られたバンダナ。PCTハイカーのシンボルであり、かつヒッチハイクで街に行きたいことが伝わるアイテムである。

 

そして、三つ目はこれ。

最後に読み込んだ写真-0

 

ドライバーの目にとまるためには、目立つのがイチバン。というわけで、これだ。まだ一回しか使用していないのだが、そのときはすぐさまヒッチできた。これのおかげかどうかは定かではない。たまたま一緒にいたアメリカ人ハイカーに奇異なまなざしを向けられたので、“ジャパニーズ・オルタネイティブ・ハット”だと言ってやった。

 

最後に、ヒッチハイク風景(6月上旬のもの)を紹介してこのブログを締めたいと思う。

 

 

※906.6mile(約1450km)地点の街、Mammoth Lakesより。

ヒッチハイク” への6件のコメント

  1. 根津さんが英語を絶対にカタカナで書くのは、やっぱり日本が恋しいからなんでしょうか。

    • どちらかというと順応するタイプなんで、恋しくはないんだけどね。朝食パンケーキ、昼食ハンバーガー、夕食ステーキという食生活(あくまで街に限った話)に満足してるし。

      ま、アイデンティティかね。

  2. 便利な世の中になったもんだねー
    元気そうで何よりです!
    でもそれにしてもそんなおもろいやつだったのね 笑

    • なにげに、マジメな話ばかりしてましたもんね。

      こんな人間です!帰国したら、イタリアンでも食べながらワイワイやれたらと。

  3. アメ車好きとしては、乗せてもらっている車の車種が気になるw
    引き続き健康第一で旅を楽しんで下さい!
    そろそろあの兄さんからのコメントも来ますよ・・・(*^^*)

  4. 根津さん、お久しぶりです!!
    お元気ですか??
    見ないうちに髪型がすごいことに(^^)
    ハイカー生活はいかがですか?
    時間感覚とかってあるんですか?!
    もし現地時間で朝5時に起きることとかあったら、目覚ましかけますからなんでも言ってください(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です