ロングトレイルは遠足である。(つづき)

 

ロングトレイルにおけるヒッチハイク。それは、街におりる手段でしかない。そう私は考えていた。しかし、驚いたことに本当にヒッチハイクをしているハイカーが多数いるのである。言っている意味が分かるだろうか。

 

全トレイルを歩くスルーハイカーであるにもかかわらず、十数マイルを平気でスキップしている人がいるのだ。

これは、ゴールすることが目的になってしまっているハイカーの典型である。もはや、踏破(困難な道や長い道のりを歩き通すこと)ですらない。

私にとって、踏破すること自体はあまり重要ではない。踏破するつもりではあるが、決してゴールに辿り着きたいわけではない。私は、PCTのすべてを余すところなく味わいたい、楽しみたいだけである。だから、結果的に踏破することになる。もし、何らかの理由でかなり急がなければならなくなり、距離のことしか考える余裕がない日々が始まるとしたら・・・私は迷わず踏破をあきらめるだろう。

そんな私が実践している『ロングトレイル(PCT)を楽しむ上で、やってはいけないこと』を、ここで紹介したいと思う。ちなみに、あくまで自分が心がけているだけであって、やってしまっている人を批判するつもりはない。 

【その1】 計画にこだわらない。

もちろん、計画は大事である。しかし、週末登山ではなく約半年にも及ぶハイキング。それはもはや日常生活であり、計画通り、予定調和がつまらなくなったりするものである。考えてみてほしい。もし、これから半年間、決められた通りの生活を送らなければならないとしたら。急に思い立ってどこかに出かけたり、友だちに誘われて飲みに行ったり、同僚のもうやんカレーランチデリバリーに便乗したり・・・こういう想定外のこと(些細なハプニング、ちょっとしたサプライズ)があるからこそ、日常生活はもちろん人生は楽しいのだ。ロングトレイルも同様である。私にも計画はあるが(フライトの都合やビザの期限もあるので)、なるべく余裕を持たせている。おかげで、寄り道したり、ハイカーたちと意気投合して飲み明かしたりして、トレイルを楽しむことができている。

すべての読み込んだ写真-505

 

【その2】 ナイトハイクをしない。

しないと言いつつ、すでに3〜4回ほど経験している。正直、ナイトハイクをすべきところもある。たとえば、灼熱の砂漠地帯。日中に歩くことが危険な場合(身体に過度な負担がかかる)もあるからだ。しかし、そういった必然性がない限りはしないようにしている。なぜか。楽しくないからだ。トレイルを満喫できないからだ。視界は狭まり、景色は見えず、草木も動物も寝静まる中をただただ歩いていく。涼しいので距離はかせげる。しかしそれは、距離をかせぐためだけのものでしかないと私は考えている。日の出と共に歩きはじめ、日没と共に歩みを止める。それが、私のスタイルである。

すべての読み込んだ写真-504

【その3】 音楽を聴かない。

イヤホンで音楽を聴きながらハイクしない、という意味である。聴覚を奪われたハイキングは、鼻をつまんでの食事と同じであると私は思うのだ。トレイルの楽しさが半減してしまうのは明らかである。森の中の空気感、鳥のさえずり、小川のせせらぎ、風のそよぎ・・・こういったものがすべて奪われるのだ。そこまでして音楽を優先させる理由は、私にはない。何より、お気に入りの曲を聞いているうちに今日の目的地に着いてしまった・・・なんてことになりかねない。距離をかせぎたい人にとっては都合のいい手段かもしれない。でも、私はそうではない。自分の五感を総動員してトレイルを味わいたいのである。

PCT踏破?アメリカ縦断? クソ食らえだ。

※2155mile地点の街、Cascade Locks(カスケードロックス)より。数時間後に、知人の結婚式の二次会にSkypeで参加する予定。うまくいくのかどうか・・・。

 

 

ロングトレイルは遠足である。(つづき)” への5件のコメント

  1. ランチの動画かと思いきや、みごとに裏切られました。
    なかなか人が頭洗ってるのみるのレアですよねwww

    団体行動が苦手なんで、遠足の目的地までが
    苦手でしたがこれなら自由行動なので
    やれそうな気がします(笑)確実に脱線してビザ切れそうな気がしますが…

    • そうそう、自由行動だからミキちゃんもできるって!
      ビザはね、切れたら切れたで知らんぷり(笑)。

  2. ピンバック: ブログ再開 | ハイカー根津の、ちょっとそこまで。

  3. ドラマ 本当に楽しみに見ています。龍馬伝の吉田東洋も素晴らしかったですが、原作読むとこの松浦静山役も田中さんに依頼されたNHKは本当にすごいと思います。ダンスはよくわかりませんが、役者としての田中さんの大ファンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です