最愛の人を亡くして思うこと。

大和ハウスのCM「ここで、一緒に」編
http://www.daiwahouse.co.jp/ad/cm/kokode.html

広告としての善し悪しはさておき、夫婦間のやりとり(映像およびストーリー)が個人的には好きだった。まあ、深津絵里好きってのも少なからず影響しているかもしれないが・・・。

なんだかんだ言っても、お互いがお互いにとって一番大切な人である。それが垣間見える内容。

夫役のリリー・フランキーさんが、最後にこんなセリフを口にする。

「・・・その代わり、俺より長生きしろよ」

妻へのやさしさがこもっていていいじゃないか。
自分も言ってみたいものだと、思っていた。
以前は。

たい&あおね

私は、昨年に母を亡くし、今年には父を亡くした。
もともと健康な両親だっただけに、当然のように日本人の平均寿命までは生きつづけるだろう。愚息は、そんな根拠のない自信を持っていた。疑いもなく。二人とも60代でこの世を去ってしまうなんて、しかもつづけざまになんて想像すらしなかった。そして、最愛の人をなくすことの悲しみを、筆舌に尽くし難い無念さを、生まれて初めて実感した。

私は、まだ見ぬ妻に思う。

「俺より先に死んでくれ」

最愛の人を亡くすという想像を絶する悲しみ。これを妻に経験させることなど、私にできるだろうか。「俺より長生きしろよ」と言うことは、自ずと「夫をなくす悲しみを味わえよ」ということも内包する。CMを見て、こんなやりとりをしてみたい衝動にかられていたのだが、どうやら「俺より長生きしろよ」とは言えそうにない。

「独身のオマエが偉そうに言うな」とツッコまれそうだが、まあ単なる妄想というか戯言なので、あまりマジメに受け止めないでもらえればと。ただ、両親の死を通じて自分の価値観は変わる(もしくは上書きされる)のだな、とはマジメに思った。

振り返ってみると、今年は自分にとって初体験のことが多かった。親のことはもちろんだが、サラリーマンを辞めたこともそうだし、海外に行ったこともそうである。

以前は、自分自身、思い立ったが吉日タイプでありチャレンジ精神があるほうだと思っていた。しかし、それなりに歳を重ね、経験値も増え、安定した生活を送っている中で、知らず知らずいろんなことに鈍感になっていた気がする。

今年の漢字は “金” であったが、私にとって今年は、 “ビビッドな感性” を手に入れた年であった。

DSCN0074

山や自然と関わることも、そういった感性を手に入れたり、自分に対する新たな発見をする一助となるのではないか。ブログや仕事を通じて、そんなこともお届けできればと思う。

最後に、念のために言っておくが、私に対する親切心から「熟女と結婚しろ!」という、確率論に任せた短絡的かつ不謹慎な解決策は提示しないように。

※今年の総括的な話をさせていただきました。コーヒーブレイク的な感じで読んでもらえればと。次回から、またハイクがらみの話に戻す予定。あくまで予定ですが。

最愛の人を亡くして思うこと。” への5件のコメント

  1. 年の瀬は、いろいろと考えさせられる事が多いですね。今年様々なことを経験された根津さんにとっては、なおのことと存じます。

    そうそう、根津さんからの荷物、受け取りました。大量のスニッカーズをはじめ在米1年半になる私も食べた事のない、アメリカらしい品々が出て来ました。袋に入った白い粉…を頂いたのですが、あれが何か最後まで分かりませんでした。逮捕されないことを願います。ありがたく頂戴いたします。

    • わたり、その節はほんとお世話になりました!!!

      荷物、届いた(届いてしまった)か。。。
      ハイカー御用達の品々なので、日常生活ではあまり食べないんだろうねー。

      白い粉・・・???
      夫婦のマンネリ解消にお役に立てればと・・・(笑)。
      なんて、たぶんハマスかマッシュポテトかと!ま、いらないものは捨てちゃってくださいな。

  2. 始めまして。
    検索していて、このサイトを見つけました。
    この時から4年が過ぎていますが、今はどうですか?
    時間が癒してくれるところは大きいんですよね、きっと。
    そして、アメリカのハイクの話ですが、映画で見たことがあります。そしてヨーロッパにもいくつかいわゆる巡礼の道があり、またそれも映画でも見たのもあり、とても身近な話題で驚きました。ちなみに私の知人も数年かけて、挑戦している人がいます。歩くことは体力的な挑戦ではありますが、その最中に頭に浮かんでくること、考えてることから、歩いてたどり着いた時の達成感だけではなく、また違う何か大きなことを得られますよね。

    • ご覧くださり、ありがとうございます!

      当時は、身近に想定外のことが起こりすぎていて、たぶん受け止めきれておらず、気持ちが不安定だったのだと思います。さすがに4年が経過して今は落ち着いています。

      ヨーロッパの巡礼路は、私もいつか行ってみたいと思っています。そこを舞台にした映画「星の旅人たち」は、面白かったですよ。

      お知り合いの方も挑戦しているのですね。陰ながら応援しています。私自身、達成感よりも、道中で考えること、考える時間のほうが貴重だと感じています。

      • お返事ありがとうござました。
        頭と心がお同じように「受け止める」ようになるまで、時間だけが唯一の救いなのかなと…私も感じ始めています。
        まだ具体的には考えられませんが、いつか巡礼の道を歩こうかな・・・ただそういう思いつきだけでは難しいと思うんですけど、密かに考えたりもしてます。
        教えてくださった映画、機会があればぜひ見てみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です